TOP 店舗紹介 個人情報保護方針 お申し込み お問い合わせ

催眠療法|心理カウンセリングや悩み相談

TOP
店舗紹介
カウンセリングについて
催眠療法(ヒプノセラピー)について
養成講座
料金・お支払い
お申し込み
個人情報保護方針
お問い合せ
 

癒しと健康心理カウンセリング
『ウォリーズエイド萩原』
〒639-1054
奈良県大和郡山市新町810-20

お問合せ:0743-20-1294
Email:qqzz3pr9k@leto.eonet.ne.jp

心理カウンセリング用語解説(3)

インナーチャイルド・セラピー」とは、今の自分の力を活用するための方法です。
「アダルト・チルドレン」の人は、自分の責任で自分を癒す必要があり、その癒しの力はその人が持っているのです。
まず自分でアダルト・チルドレンであることを認識し、今まで言えなかったこと、出せなかった感情、できなかった行動を吐き出す「インナーチャイルド・セラピー」の作業を行うことで、こころが壊れてしまう入口となった傷、こころに空いた穴が埋まっていきます。傷ついたこころやその穴を誰かや何かで埋めようとしても、埋めることができなかった人が、自分の力で埋めていくことができるのです。
小さかった子どもには無理だったことも、今のあなたならできるのです。それほど今のあなたは成長し、いろいろなものを乗り越え、本当の自分を自分で労り勇気 づける「力」があるのです。



癒しと健康 心理カウンセリング 『ウォリーズエイド萩原』
 

ヒプノセラピーについて

【潜在意識と顕在意識の違い】

  催眠状態とは、自然な状態で心も体もリラックスした状態です。

 あなたの疲れた心を癒してください。
米国催眠療法協会認定ヒプノセラピストの私が、あなたの心をゆったりとした世界にお連れして、リラックスさせてあげます。

 ヒプノセラピーとは、ヒプノーシス(催眠)とセラピー(療法)の合成語です。催眠を道具とした潜在意識レベルで人を癒す療法のことです。
催眠は決して怖いものではありません。
催眠状態に入っても「意識」や「判断力」を失うことはないからです。
 人間の意識は、顕在意識(意識)と潜在意識(無意識)に分かれています。顕在意識とは私たちが日頃、自覚できる意識で、意図的な思考や行動を司る役割を担っています。
 一方、潜在意識は、自覚できない意識で顕在意識の約9倍の領域があり、顕在意識より強い力を持っています。
 催眠状態とは、この顕在意識(意識)と潜在意識(無意識)の境をなくした状態です。と云って顕在意識が完全に休んでいるわけではないのです。活動はしていますが、バランスを崩しているのです。
だから催眠状態でも、意識を失ったり、遣りたくないことをしたり、言いたくないことを言ってしまうというようなことは決してないのです。

人が思い悩むのは、この顕在意識の中なのです。
自分は変わりたい、こうしようとか、あゝしようとか・・・
でも追い詰められると考える力を失い、また同じことを繰り返してしまうのです。

問題は潜在意識の中にあるのです。
 この中には、あなたが今まで体験したすべての出来事や学んできたすべての知識、そして今までに感じてきたすべての感情が、ぎっしりと詰まっています。抑圧された嫌なことがトラウマとなっていることもあるのです。

 あなたが知らず知らずのうちに作り上げてきた、あなたなりの信念、思考パターン、あなたの身体の働きを制御する機能が詰まっています。
 あなたが普段している行動や考え方のほとんどが、この潜在意識によって制御されています。

ヒプノセラピーは、この普段全く気付いていない心の深い部分の潜在意識にダイレクトに働きかけ、ネガティブな部分を統合し、本来の自分にしていく療法なのです。
私は、この催眠療法を用いて、あなたの心を癒し健康に導きます。
リラックス、ダイエット、心配、怒り、恐怖からの解放、自信や成功への導き、痛みの解消 などを希望される方は、 是非ともメールか電話をください。
 ヒプノセラピ−は、セラピストとクライアント(お客様)との信頼関係が構築されたうえで効果が発揮されます。何故なら催眠主体は、自己催眠だからです。セラピストは、その進行役でしかないのです。
  あなたのお気持ちを十分に汲み取ったうえでセッションを行うために、初回のセッションでは、必ずカウンセリングを行います。


私は、プロセラピストとして、私の全力を注ぎます。
クライアント(お客様)の秘密を厳守し、どんなことでも真剣に聴きます。誰にも話せないことでも、まずは私に話してください。


 ** ヒプノセラピーの手法 ** はこちら

【相談者からのお礼状】
(相談内容の概要)
 28歳の独身男性で、最初の会社で動悸、吐き気などが見られるようになり、病院で薬をもらうなどしましたが、治らず2年間勤めた会社を辞めました。
その後1年間休み新たに仕事に就きましたが、電話や窓口でのお客様対応で、自分でも何を話しているのかわからなくなってしまうとのことで、病院には通い投薬を続けているとのことでした。
**** パニック症状が見られ、カウンセリングを12回、ヒプノセラピーを4回行いました。****

(お礼状)
 催眠療法なんて、全く信じていませんでしたが、ペンジュラム体験で、正方向に振れ出したときは、本当に驚きました。
 先生を訪れた頃、また仕事を辞めないといけないのかなと半分諦めていました。カウンセリングを受ける間に、何となく続けていけそうな気がしてきました。そしてヒプノでのリラクゼーションは、サンフランシスコの街を歩いているような気分で、物凄く気持ちがよかったです。
 またインナーチャイルドでは、何にもない真っ暗な部屋でしたが、先生の引率でチャイルドを癒した後、帰ってきた野原は、最初と違って快晴で爽やかなそよ風に吹かれているような爽快な気分でした。

 まだ体調は完全とは行きませんが、6割方は良くなったように思います。病院で貰った薬が効いているのかもしれませんが、やはり先生にカウンセリングとヒプノセラピーを受けたことが大きかったと思っております。
 これから仕事が忙しくなり来ることが出来ませんが、ひどくなりそうでしたら、またよろしくお願いします。
ありがとうございました。

 
 

心理カウンセリング、ヒプノセラピーを奈良でお探しなら

当店へ。キャリアや悩みの相談ならお気軽にお問い合わせください。
 癒しと健康心理カウンセリング 【ウォリーズエイド萩原】